モーターレーシングストアStar5 店長ブログ

スパルコを中心としたレース用品専門店「Star5(スターファイブ)」店長ブログ。新商品はもちろん、製品レビューやイベント情報などをお届けいたします。

捨てバイザーの付け方!

本日は最近お問い合わせの多い「ティアオフシールド(捨てバイザー)」の取付け方法についてご紹介しますね。

走行中のオイル汚れや、小石などからシールドを守ってくれる捨てバイザー。
汚れたら簡単に剥がしとる事が出来るので、長時間のレースでは必須アイテムになっています。
F1のレース中でも、ピットロードで剥がしとるシーンを良く目にしますよね!

でも、この捨てバイザー。
取付けにはルールと言うか、コツがいくつかあるんですよ。
ただ貼付けるだけだと、効果半減どころか、シールドが傷だらけになる事も・・・
この機会に正しい取付け方法を覚えて下さいね~。

1 準備するもの

イメージ 1
捨てバイザーとシールドはもちろんですが、カッターとセロハンテープを用意しましょう。

2 取付け位置の確認

イメージ 3
シールドの両サイドに黒いプラスチックのパーツが付いていますので、ここに捨てバイザーの穴をひっかける様にして装着します。

3 フィルムを剥がす

イメージ 2
捨てバイザーの保護フィルムを剥がします。緑色のフィルムと薄い白色のフィルムが両面についていますので、ご注意を!

4 取付け

イメージ 4
両サイドのパーツに捨てバイザーをひっかけて装着します。
イメージ 5
この時、上手く捨てバイザーがつかない時は、シールドについている黒い突起パーツを回し、距離を調整して下さい。

5 セロハンテープで固定

イメージ 6
シールドに捨てバイザーを取付けた後、続いてセロハンテープで捨てバイザーの上下を固定します。この作業をしないと走行中に捨てバイザーが風圧で動いてしまい、脱落したり、シールドに傷がついてしまいます。端っこからテープを伸ばしながら貼付けるのがコツです。
イメージ 7
こんな感じでしっかり貼付けましょう。この時使用するセロハンテープはなるだけ細いものが良いですね。メーカーで言うと3M製のものが糊も残らずオススメですよ。

6 仕上げ

イメージ 8
最後に捨てバイザーの左右片方の取手部分?を折った後、突起パーツに引っ掛けて作業終了! こうする事で重ねて捨てバイザーを装着する時も、間違って一番下に装着した捨てバイザーを剥がしてしまう心配もありません。はみ出てしまったセロハンテープをカッターなどでカットすると更に美しく仕上がります。


ねっ?
以外に簡単でしょ~!
慣れてくれば、2分位でサクサクッと装着できますよ。

とにかくポイントはセロハンテープ。
これに限ります。
この作業を行う事で、シールドが傷つく事もなくなりますし、雨も入って来ないです☆
このポイントを見落としている人が非常に多いんですからね~。
ちなみにこの手順はバイク用ヘルメットでも同じですから、是非お試しを!!

今回ご紹介した、捨てバイザーのご購入はこちらから!
アライヘルメット純正ティアオフシールド・5枚組(GP-5シリーズ用)